レーザー治療について

  • HOME
  • レーザー治療について

当院では動物に負担の少ない治療としてレーザー治療を行なっております。

使用例

疼痛緩和

椎間板ヘルニアや慢性関節痛の痛みを軽減させます。

創傷治癒促進

炎症を抑えたり、血流を増加させることにより組織の回復を早めます。

レーザーサーミア

腫瘍細胞は42度から生存率が下がりますが、正常細胞は43度から生存率が下がります。また、正常組織は血流によって熱が拡散されるため、この温度差によって腫瘍細胞を選択的に破壊する治療です。

ICGを利用した腫瘍治療

ICG(インドシアニングリーン)という色素がレーザー光を吸収することを利用した治療です。
使用法としては表面に塗る、もしくは腫瘍内に注入した後レーザーを当てます。
熱を色素部分に集中させることで正常組織へのダメージを可能な限り減らします。

ICGを利用した腫瘍治療

インドシアニングリーンを局所注射または表面に塗布します。

ICGを利用した腫瘍治療

レーザーを当てるとインドシアニングリーンが発熱し周りの腫瘍が破壊されます。

ICG-lipoを静脈注射する使用法

ICGをリン脂質成分に結合させたICG修飾リポソーム(ICG-lipo)を静脈注射した後にレーザーを照射します。
リポソームは選択的に腫瘍組織に取り込まれるため、効率よく腫瘍細胞を破壊することができ、また体腔内など深いところの腫瘍にも効果があります。